ヒアルロン酸注射・注入

ヒアルロン酸注射

注射で叶える美しさ

美容医療のヒアルロン酸注射は皮下、さらに深い脂肪層・筋層にヒアルロン酸製剤を注射し、留置することによって、シワやたるみの溝を埋めたり、鼻や顎の形に変化を加え理想の輪郭や美しさを手に入れる代表的なプチ整形です。
注射するだけなので腫れや痛みの心配はありませんし、美容院にいく感覚、メイク感覚で治療できるので非常に人気があります。
ここではそんなヒアルロン酸注射の効果、副作用からクリニックの選び方、ヒアルロン酸注射の名医についてご紹介しましょう。

ヒアルロン酸注射・注入

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はからだの中に多く存在しています。関節や目、皮膚など体の多くを構成している大切な物質なのです。そのため、体に存在するものを外から注射しても安全だろうと始められたのが、プチ整形によるシワや輪郭の補正治療です。
 注射するヒアルロン酸には、バイオ技術によってつくられたヒアルロン酸と動物のタンパクを利用したヒアルロン酸の2種類があり、一般的に副作用が少ないとされているのが、前者のバイオ技術によって生成されたヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸注射で何がデキル!?
ヒアルロン酸を注射してどういったことができるんでしょうか?ヒアルロン酸は部分的に注射して、補正するだけの治療です。そのため、鼻を高くしたり、顎を形成したり、シワを膨らませたりなど美容的な治療ができるのです。
鼻を高くする・アゴを整える・口角を上げる
シワを取る・唇を厚くする

ヒアルロン酸注射の種類
現在、国内で流通しているヒアルロン酸注射は5メーカーあります。しかし、すべて同じ効果なので、どのヒアルロン酸を使用していても、違いがわからないというのが現状。しかし、効果は同じでも、作用時間、副作用など安全性についてはさまざまなのです。

ヒアルロン酸の持続期間
製品にもよって多少の違いはありますが、一般的には6~9ヵ月程度の効果

ヒアルロン酸の副作用間
ヒアルロン酸注射による副作用というのは内出血、腫れ、アレルギー反応、瘢痕形成、内出血、腫れなどは一時的なものですが、瘢痕形成などは取れないケースもあるそうです。タンパクなど不純物などの影響も大きく、ヒアルロン酸の種類によってさまざま。

関連記事

TOP