埋没法

埋没法 – プチ整形でできる二重まぶたのご紹介

埋没法で自然な二重まぶたになる

埋没法で「目力」アップ! 
口コミ評価の高いクリニックを訪問。

二重まぶたの代表的な手術法には「埋没法」があります。いわゆる「切らずに出来る整形」として多くの美容整形クリニックでおこなわれています。この埋没法は手技的にも非常に容易で、形成外科専門医がいないクリニックでも行われることがありますが、手軽にできる一方、一重の原因やまぶたの形状を無視し、安易に全ての方にこの「埋没法」を選択した場合、希望の二重にならないだけでなく、眼瞼下垂などのトラブルや、かえって目が小さくなってしまったなどの問題を引き起こすことも少なくありません。
二重まぶたの手術には「埋没法」の他、切開法、眼瞼下垂、眼瞼陥没などがあり、大事なことは、その人にあった手術法を正しく選択することなのです。また、クリニックによっては広告上、○○式などのように、特別な埋没法のように思えてしまう表現を用いていますが、手術の手技にはオリジナルというものは存在しません。二重を作る原理はどこも変わらないのです。
大切なことは、その方のまぶたの形状を分析し、希望に適した術式を提案することが、「埋没法」を含めた、二重まぶたの手術を成功に導く鍵となり、そのためには医師の高いレベルとセンスが要求されます。ユニタクリニックでは「二重まぶた」に精通した形成外科専門医が、常に診察・治療まで一貫しておこないますし、治療後のアフターケアも充実した内容で提供いたします。

二重まぶたの作り方 「埋没法」
まぶたの縁をつくる軟骨(=瞼板)と、その直上の皮膚との間に癒着がある場合、挙筋が瞼板を引き上げる際に一緒に直上の皮膚がたくし上げられてしわが寄ります。
このしわが二重まぶたを作っています。まぶたの縁がたくし上げられる分、目の見開きは大きくなります。
しかもまぶたの皮膚がまぶたにかぶさらないため目を開けた時、まつげがアップされます。その結果目元が明るくクッキリとした印象を与えてくれるのです。
「埋没法」のメリット
皮膚にほとんど切開を加えないため、傷痕が残らない。
手術時間が非常に短い。(約15分)
治療後の腫れがほとんどない。
糸の結び目は皮膚に埋め込むため、表面から見えない。
翌日から洗顔、お化粧が可能。

「埋没法」のデメリット
糸で固定するだけなので、稀に埋没法のラインが消えることがある。

「埋没法」治療の料金
2点止め \84,000.
4点止め \105,000.

関連記事

TOP