埋没法

二重まぶたにしたい、奥二重を幅広目な二重まぶたにしたい。でも瞼の整形って腫れるだろうし、不自然になるのも怖いって思っていませんか。実は二重まぶたはプチ整形として手軽に受けることができるんです。その方法が「埋没法」という治療法です。
ここでは埋没法の方法、治療の注意点や費用の相場についてご紹介します。

どうして二重瞼にできるのか

埋没法について説明する前に、どうやって二重瞼を作るのか、その方法・原理についてご説明しましょう。
まず、瞼の基本構造を説明します。
まぶたの中身ですが、単純に説明すると、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板があります。瞼板と眼瞼挙筋は繋がっており、まぶたを持ち上げる動作というのは、眼瞼挙筋が収縮し、瞼板が持ち上げられることで目が開くのです。
一重瞼の場合、瞼板が持ち上げられるだけで、皮膚は垂れ下がったままです。しかし、二重瞼の場合、瞼板が持ち上げられると同時に皮膚も持ち上げられることで二重瞼ができるのです。
美容整形で作る二重瞼というのは、瞼板が持ち上げられる時に垂れ下がってしまう皮膚を、垂れ下がらないように手術で固定してしまうことなんです。

固定する方法には、皮膚を切ってガッツリと固定する切開法と、簡単に糸で止める埋没法の2つの方法があります。

切開法について詳しく解説(外部サイト:眼瞼下垂のすべて)

埋没法

埋没法とは文字通り、糸を埋没(埋め込む)することによって二重瞼を作る二重瞼の整形手術の一つです。
糸で止めるだけですので強い大きな腫れを引き起こすことがなく、手軽に気軽に受けることができるのが特徴の一つです。また、糸で止めるだけですの基本的には糸を抜去すれば元に戻せることもあり「プチ整形」の一つとして考えられています。

埋没法 – プチ整形でできる二重まぶたのご紹介

埋没法で自然な二重まぶたになる

埋没法で「目力」アップ! 
口コミ評価の高いクリニックを訪問。

二重まぶたの作り方 「埋没法」
まぶたの縁をつくる軟骨(=瞼板)と、その直上の皮膚との間に癒着がある場合、挙筋が瞼板を引き上げる際に一緒に直上の皮膚がたくし上げられてしわが寄ります。
このしわが二重まぶたを作っています。まぶたの縁がたくし上げられる分、目の見開きは大きくなります。
しかもまぶたの皮膚がまぶたにかぶさらないため目を開けた時、まつげがアップされます。その結果目元が明るくクッキリとした印象を与えてくれるのです。

埋没法の種類

実は埋没法は固定する場所、位置の違いによって術式そのものが違ってきます。皮膚と瞼板とを固定する「瞼板法:と、皮膚と挙筋とを固定する「挙筋法」の2種類の埋没法があるんです。

瞼板法

挙筋法

「埋没法」のメリット

・皮膚にほとんど切開を加えないため、傷痕が残らない。
・手術時間が非常に短い。(約15分)
・治療後の腫れがほとんどない。
・糸の結び目は皮膚に埋め込むため、表面から見えない。
・翌日から洗顔、お化粧が可能。

「埋没法」のデメリット

・元に戻ってしまうことがある
・糸の結び目が露出することがある
・厚みのある皮膚の場合、取れやすい

埋没法の費用の相場

今、埋没法が非常に危険なんです。何が危険かというとさまざまな名目をつけて恐ろしいほどに治療費用を釣りあげてい美容外科が増えているんです。埋没法は糸で止めるだけだから低価格を歌っているにも関わらず、実際にカウンセリングに行って提示される費用は切開法以上となってしまうんです。
正直、ここまでくるとただのぼったくりです。埋没法の適正価格というのは10万円前後でしょう。埋没法に20万円を越すような価格設定をする美容クリニックは注意が必要です。

埋没法の適正価格100,000

埋没法

関連記事

TOP