多汗症

多汗症

汗はどうやって分泌されるのでしょうか?
汗は神経の伝達によって”汗を出せ”という信号が汗腺に伝えられます。信号を受け取った汗腺はそこで初めて汗を分泌しはじめます。緊張したりすると過剰に反応してしまう心因性の多汗症もそのためです。また、体温の調節や水分の調節などによっても大きく変化します。

ボトックス注射でなぜ止まるの!?
ボトックスというお薬には神経の伝達や筋肉の伝達を遮断する働きがあるのです。そのため、汗腺部分にボトックスを注射すると”汗を出せ”という神経の伝達が、そこで遮断されるため汗腺に伝わらず、その結果、汗は出なくなるのです。

ボトックス注射の効果
どれくらいの効果がありますか? どれくらいの期間持続するものなんでしょうか?
注射による治療ですので効果には個人差もある。しかし、一般的には元々の汗の量を100とすると20~30まではなくなるということで、効果に対する期待は大きい。また、リピーターとして継続注入する方も非常に多い。
持続期間としては一般的に6~9か月が目安ということです。
弊社取材スタッフの体験はこちら…

関連記事

TOP